マスキングの重要性

2017年02月11日

マスキングの重要性 ご入居から1年が経つH様邸(瀬戸市)のメンテナンスにて
木製の階段にキズがあったので補修します。

今回は、キズの深さが2mm程あったのでヤスリで部分的に削るのではなく
一面を均等に削るという手法で・・・

※通常のキズはお湯と布巾とアイロンで直ります
※今回はハンパないキズでしたので…
※木質パテは微妙な質感が気に入らなかったので


チーク色のOSUMOペイントがいい感じでしたが、
集塵機付きのサンダーで”タメライ”なく削ります。

ここで”タメライ”があると、
サンダーのチカラに負けて被害が拡大するだけです。

 

マスキングの重要性
同行した左官職人サンは
”小筆”で漆喰の補修です。。。

筒井はサンダーです。

なんか、ちょっと違う気がします( 'Д')

 

マスキングの重要性
しっかり表面を削り終えると
今度はヤスリを手掛けで表面を整えます。

この時点で周辺にあるホコリ、ゴミは徹底的に排除し、
塗装工程に移ります。

ここで重要なのが、
”マスキング”
ここを怠ると最悪の事態を招く恐れがあります。
(壁が漆喰なので塗料を吸って大変なことになります)

 

マスキングの重要性
OSUMOは1度塗りで仕上げれる優れものですが
そんなことは気にせずペタペタ塗ります。

しっかりマスキングできていれば
なんの心配もありません。テキトーで良いです(*'▽')

 

マスキングの重要性
『他と色が違うのでは・・・』

などと言われると、さすがに心配になってきます。
が、今更どうしようもありません。

しかし、OSUMOは木に染み込むことで着色されるので
15分ほど十分に染み込ませたのち
表面の余った塗料をキレイに拭き取ると

マスキングの重要性
もう違いがわかりません。

カンペキです。

静電気で引っ付いてくるシートにめげず
しっかりマスキングを心がけることで
みなさんでも気軽に塗装できますね。

所要時間:60分程度




このページのトップへ

Copyright (C) HOUSE THE GARDEN All Rights Reserved.